カテゴリ:Books/Movies( 7 )
Book*アミ 小さな宇宙人
e0082860_2313058.jpgアミ小さな宇宙人
著:エンリケ・バリオス 訳:石原章二 絵:さくらももこ

私のアニメーション(Little Cloud)をみた日本の友達が、
「SiBの映像をもらったときこの本を読んでいて、SiBの映像とこの本の内容がすごくだぶってみえたのよ。こどもにもわかりやすく描いてあるところまで。」とメールをくれて、「読んでみたいなー、でも、日本に帰るまでのお預けだなー。」って思っていたら、バンクーバー市の図書館で「あっ、これは!」って、見つけたんです。早速、読んでみると、自分が常に感じていること、表現したいことがまさにその本の中にあって、「あなたはあなたでいいんだよ。自分の信じる道を進みなさい。」といってもらえたような気がします。
大切なのは、考えるのではなく感じること、頭ではなく心を使って感じること。物質より精神。個より全体。奪い合いではなく与え合うこと。エゴを捨て、愛すること。
目からうろこの温かい気持ちになれる本です。

AMI, EL NINO DE LAS ESTRELLAS by Enrique Barrios (in Spanish)

One of my friend in Japan sent me an e-mail and said, "when I saw your animation (little cloud), I was reading this book. I saw your animation and this book overlapping. " After that, I hadn't expected I could find the book before I visit in Japan, but I found it in Vancouver Public Library luckily. In the book, the things which I have felt and would like to express are written exactly. It seems to say to me, " you can be as you are. Believe yourself. You're walking on the right way."
Things that are dear to us are:
not thinking, but just feeling with your mind, not brain.
not matter, but mind
not the individual, but the general
not taking, but giving
love without ego
...to have the peaceful world.

>>>SiB's illustration blog "ポッケの中身*The inside of my pocket"


[PR]
by sib22 | 2007-03-21 06:37 | Books/Movies
Artist*m.saji
今日はみなさんにもぜひぜひ見てもらいたいブログをご紹介。

e0082860_1424892.jpg筆で描かれたイラストもm.sajiさん独特の心地よくって楽しい擬音を使った文章もすべてが私のツボなんです。毎回毎回パソコンの前でにんまりひとり笑いさせてもらってます。

ほぐされたい方はぜひm.sajiさんの快画ブログ「fude愚」へGoです^^

そして、新風舎からポストカード集を出されています。
私も日本に帰ったらぜーったいに手にいれたい一冊です!
The intimate heart lines

SiBイラストブログ★ポッケの中身*The inside of my pocket

応援のワンポチお願いします^^
[PR]
by sib22 | 2006-10-08 22:22 | Books/Movies
本: このワガママな僕たちを  銀色夏生
e0082860_11365354.jpg「やはり素晴らしいことは、時はすぎていくということ。恋する心も夢への希望も、動いている時間の中にあって、常に変化しています。変化しているということは、頼りなく感じるけれど、実はとても自由でとてもすくわれることです。でも、その自由さは時には心細いものなので、信じられる何かを持つ人はたいへん力づよいです。その信じられる何かが、「かわいらしいものをちらっと見てしまった時のよろこび」や「おもしろいことをふいに思いついたりすることのしあわせ」のように、いつでもどこでも存在するものだったりするなら、あなたは大丈夫です。
私たちのみえない思いは、世界にあふれています。」 


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

中学生のころから銀色夏生が好きで、なにかのときにふと彼女の詩集を開きます。
歳を重ねるに連れて、あの頃には見えなかった彼女の言葉の深さに気付いたりして、いつも新鮮な思いで読める彼女の世界です。

SiBイラストブログ★ポッケの中身*The inside of my pocket

いつも応援クリック、ありがとうございます!
[PR]
by sib22 | 2006-09-19 19:42 | Books/Movies
Japanese Story
e0082860_1142931.jpg昨日は、オーストラリアの映画「Japanese Story」(スー・ブルックス監督2004)を見に行ってきました。日本での仕事の重責に疲れた心を癒すためにプライベートでオーストラリアの砂漠地帯にやってきた日本人男性と仕事の関係上ドラバー兼案内役を無理やりやらされるオーストラリア人女性の話。日本人像については、かなりデフォルメされた部分があって日本人からみれば有り得ないという部分(たとえば、砂漠に行くのスーツを着ているとか、やたら英語が話せるのに返事はなぜかハイハイいうところとか)がありましたが、ハリウッド映画に比べると細部に妙なリアリティーが散りばめられていて、日本人男性の特性(誠実なところ、融通が利かないところなど)がよく表現されていたと思います。見終わったあとに、日本人男性もなかなか捨てたものではないと思わせてくれる映画ではないかと^^ 後半は思わぬ展開になり、思わず涙。

I went to see an Australain movie, "Japanese Story", directed by Sue Brooks last evening. The story is between a Japanese man who take his private trip to the outback in Australia and an australian woman who is obligated to take care of him as his guide and driver by her company. Although there are some part I feel awkward and wierd for Japanese, the description and understanding of Japanese culture are much better than other Hollywood movies. This movie is scattered with many reality and I can see the good point and week point of Japanese. After finishing the movie, you might see Japanese in a new light... The later part of it has an unexpected evolution that made me cry:-P

Click★BlogRanking
[PR]
by sib22 | 2006-06-18 09:14 | Books/Movies
Tippi-wild words
e0082860_1643971.jpg偶然、図書館で見つけた本なのですが、アフリカの大自然の中生まれ育ったティッピ(10歳)の言葉と写真家の両親が撮った大自然の中動物たちと生きる彼女の姿に完全に魅せられてしまいました。機会があったらぜひ手にとって見てほしい一冊です。
I found the book "Tippi-wild words (Japanese)" in the library by chance. The words by a 10 years old girl, Tippi Degre, who was born of photograoher parents and the photos with wild animals in great nature of Africa taken by her parents brew my mind completely... I recommend you have a look if you have a chance.

e0082860_1732518.jpg本文より:
「生きていると、たくさん素敵な驚きがある。たとえそれが、なにげない小さな驚きでも。驚きに出合うためには、いつも美しいものを見るようにすればいい。目に見えるものも、見えないものも。」
「私は笑うのが大好き。髪に風を感じるのも好き。たとえば、草原を車で走り、首が寒くなければ。車の屋根の上に座る。それに。親友に出会い、両腕で抱きしめるのも好き。両親がいて、親友がいれば、もうそれだけで充分。」

From the book:
"We have lots of nice surprises as long as we live, even if they are small tiny surprises. You can find the surprises which you can see with your eyes and without eyes in the beauties."
"I love laughing so much. I love feeling wind through my hair, like when I go through a grassland by car, I sit on the roof if my neck is not cold... I love to see my best friends and hold them with arms. I don't need anything except my parents and best friends."

Amazon:ティッピ 野生のことば


Click★BlogRanking
[PR]
by sib22 | 2006-04-06 00:32 | Books/Movies
grapefruit juice by Yoko Ono
e0082860_712137.jpg学校が図書館にとても近いことがあって、最近よく学校を抜け出して息抜きをしに行くのですが、そこの日本語図書コーナーでたまたま見つけた本。

グレープフルーツ・ジュース オノ・ヨーコ 南風椎訳

私はジョン・レノンのファンでももちろんオノ・ヨーコのファンでもないですが、アーティストとしての彼女の感性と言葉はまったく想像だにしない観点から生み出されていてとても新鮮なものでした。この本にインスパイアされて生み出されたといわれるジョン・レノンの「イマジン」。それだけの力が彼女の言葉にはあるなと思いました。

とてもシンプルでいて心に響く文章が好きです。

e0082860_7132388.jpgSince Vancouver Public Library is very close to my school, I have often go there in spare moments from the classes recently and then I found this book in the Japanese books' section by accident.

grapefruit juice Yoko Ono

I'm not a fan of John Lenonn and Yoko Ono as well, but her sensiblity and words as an artist were from her own perspective and anyone can't copy them. Therefore, this book evoked me newly. I thought her words in this book were as powerful and inspiring as to inspire John Lenonn to produce "Imagine" after he read it.

I like the simple words that soak into my mind.

----------------------------------------------------------------------------

世界中のすべての時計を二秒ずつ早めなさい。
誰にも気づかれないように。
Make all the clocks in the world fast by two seconds
without letting anyone know about it.
[CLOCK PIECE 1964 spring]

絵を描きなさい。
一日の決まった時間の
きまった光のもとでしか現れない色をつかって。
とても短い時間で仕上げなさい。
Make a painting in which the color comes out only under a certain light at a certain time of the day.
Make it a very short time.
[TIME PAINTING 1961 summer]

録音しなさい。
石が年をとっていく音を。
Take the sound of the stone aging.
[TAPE PIECE Ⅰ1963 autumn]

ダンス・パーティーを開きなさい。
みんなを椅子と踊らせなさい。
Have a dance party. Let people dance with chairs.
[DANCE PIECE 1961 winter]

笑いつづけなさい、一週間。
Keep laughing a week.
[LAUGH PIEVE 1961 winter]

道を開けなさい、
風のために。
Make a way for the wind.
[WIND PIECE 1962]

この本を燃やしなさい。
読み終えたら。
Burn this book after you've read it.

Click★BlogRanking
[PR]
by sib22 | 2006-03-12 13:05 | Books/Movies
ai : Japan through John Lenon's eyes
e0082860_8122097.gif今日は、最近見つけたお気に入りの本を紹介しようと思います。この本は、ジョン・レノンの絵に後にヨーコ・オノが日本語を付け加えて英語と日本語でまとめたもの。タイトルにある"ai"英語のeyeの音とと日本語の愛を掛け合わせたもの。ジョン・レノンがいかに愛をもって日本を見、日本語を学んでいったのかがよくわかります。彼のユーモラスでお茶目な感覚がおもしろく、新鮮です。

●本の中より
「この本を通して、新しい世界に向かうには、ちょっとした遊びの感覚とたくさんの愛がいることみなさんがジョンから学んでくれることを願って。」

I'd like to introduce one of my favorite books that I've recently read to you. This is a kind of a picture book published by Yoko Ono with a lot of sketches by John Lennon both in English and Japanese. "ai" in the title came from the pronunciation of "eye" in English and "love" in Japanese. You can see in it how John Lennon had viewed Japan and learned Japanese-with love. His humorous and hilarious sense is new and interesting for me.

●reference to the text by Yoko Ono
"I hope John, through this book, will teach you how to face a new world- with a sense of fun and a lot of love."

My favorite of his sketches is:
itsumo---gohan(絵:茶碗), miso(絵:味噌汁), yasai(絵:野菜炒め)
always---rice(pic:with rice bowl),miso(pic:miso soup), vegetables(pic:fried)

My favorite of his expressions is :
知っていれば知っているほど、話したがらない。
知らなければ知らないほど、話したがる。
The more you know, the less you want to talk.
The less you know, the more you want to talk.
[PR]
by sib22 | 2006-01-05 16:57 | Books/Movies