<< 赤い鳥 Red bird まだ見ぬ... Beyond ... >>
『森は生きている』 The twelve month 2012
鳥の劇場クリスマス公演『森が生きている』の季節がやってきました。

今年は、昨年の舞台美術&小道具に引き続き、舞台で映写する降り積もる雪のアニメーション作りを
お手伝いしました。

↓舞台美術のときのイメージ画をつかって作った簡単なアニメーションです。
全場面あるといいのですが、本気で作りだすと大変なことになってしまうので、、、




クリスマス公演、ぜひぜひ観に行ってやってください!


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

鳥の劇場2012年度プログラム<創るプログラム> 
年末特別上演『森は生きている』

今年も『森は生きている』を上演します。子ども向けの作品ですが、見えないものへのおそれや敬意、人を信じる気持ちなどをテーマにしています。幸せであたたかな気持ちになれます。家族やお友達と楽しい年末のひとときをお過ごしください。

2012年12月15日(土)~26日(水) ※休演日 12月17日(月)・18日(火)・19日(水)

☆開演時間
14:00/12月15日(土)・16日(日)・20日(木)・21日(金)・22日(土)・23日(日)・24日(月・祝)
19:30/12月25日(火)・26日(水)

☆会場:鳥の劇場(鳥取県鳥取市鹿野町 電話0857-84-3268)
【チケット】 大人:2,000円/小学生~高校生:1,000円





あらすじ
 町外れの小さな家に、おばちゃんとむすめ、それに気立ての良いままむすめが住んでいた。おばちゃんは自分のむすめばかりかわいがって、ままむすめにはいつもつらくあたった。
 おおみそか、わがままな幼い女王が、春に咲くはずのマツユキソウをもってきたものに金貨を与えるというおふれを出す。金貨に目がくらむおばちゃんとむすめ。ままむすめはマツユキソウを採ってくるようにと、吹雪の中、夜の森へ追いやられる。寒さに凍え死にそうになったとき、ままむすめはたき火を囲む十二の月の精たちに出会い、カゴいっぱいのマツユキソウを手に入れる。
 おばちゃんとむすめはそのマツユキソウをもって城へ行く。おばちゃんの話を聞いた女王は、家来たちを引き連れ森へ入っていく。

原作:サムイル・マルシャーク 翻訳:湯浅芳子 構成/演出:中島諒人
出演:阿部一徳 榊原毅 齊藤頼陽 中川玲奈 赤羽三郎 村上里美 葛岡由衣 高橋等 中垣直久 ほか
舞台美術:大下志穂 作曲:武中淳彦 衣裳:樋口希理子

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[PR]
by sib22 | 2012-12-19 21:54 | Works(作品)
<< 赤い鳥 Red bird まだ見ぬ... Beyond ... >>