<< 山の恵み Grace from... 灯台もと暗し Beautifu... >>
ギャラリア大正蔵 酒樽作品 My artwork with Sake casks
「どうぞ中にはいってみてください。」

SiBワールドを身体を使って体験してほしくて、自分も体験したくって作った今回の作品。
酒樽だからこそ実現したコラボ作品となりました。

e0082860_12650100.jpg


酒樽自体は、この大正蔵がオープンするまで、蔵の隅っこに50年眠っていたもの。
だいたい100年くらい前に作られたものだそうです。






階段をのぼるとみえてくるのは、、、

e0082860_1254460.jpg


いざ描き始めてみると、最初に考えていたテーマとは違うものができあがったのが、今回のこの作品です。
滝と大地と岩がというイメージが強くわき上がってきました。

遥か昔の自然とともに生きていたひとたちのいた時代。


e0082860_1241963.jpg


絵を描くとなりでコンサートのリハーサルをしていたメキシコからきた音楽のアーティスト
マリアの音楽の影響もあるかもしれません。
太古の記憶を思い起こさせてくれるような深くこころに響くリズムと歌声を持つ彼女。
たくさんのインスピレーションをもらいました。


そして、真ん中の樽の世界は、、、

e0082860_1252060.jpg


秋の山の夕暮れ。
それぞれの家からは夕飯支度の台所の煙。

e0082860_1251825.jpg



私自身、ひと自体を絵に描くことはないけれど、自然の中に住むひとの気配や
家族の存在を感じられるそんな絵を描きたいと思っています。


e0082860_1252487.jpg


底には、お家にの庭や、大正蔵の庭、大山からひろってきた木の実や松ぼっくり、落ち葉を
すこしずつ足して行っています。

最後には、床が敷き詰められるくらいになってゆけばと思います。


そして、3番目の酒樽の世界は、、、

e0082860_1242311.jpg


寒い雪の森の中、灯りに集う石の民。

この作品は、石が最初で、それにあわせて図柄を考えました。

e0082860_124461.jpg


この石の作品は、ある意味わたしの作品の原点かもしれません。
自然と絵の調和。現実と非現実の融合。

って、そんな難しいこと考えて作っている訳ではないですが(笑)

e0082860_1244264.jpg


e0082860_1242240.jpg


石というシンプルで自分たちのまわりにあふれている存在が教えてくれるメッセージ。
石とは、わたしにとってとっても大事な存在です。

e0082860_1254916.jpg


e0082860_1252450.jpg



お近くのひとでぜひ機会があれば、酒樽の世界、のぞきにきてくださいませ。


e0082860_1241947.jpg

[PR]
by sib22 | 2011-10-19 12:55 | Works(作品)
<< 山の恵み Grace from... 灯台もと暗し Beautifu... >>