<< ことばにできない好き My w... ティピー制作日記:3日目 Ma... >>
ティピー『宇宙(そら)と大地の対話』 Original tepee
すべて手作りのオリジナルティピーが完成しました!
みんなで作った元気印のティピーです。

e0082860_19113143.jpg


3.11を経験して、
自分たちと宇宙(そら)と大地(地球)の確かにある繋がりを
自然の声を聞き、自然とともに生きるインディアンたちのティピーという家で
表現してみたかったのです。

雨や風をしのげる暖かい家があること。
帰る場所があること。
灯をともして待っていてくれるひとがいること。

われわれをささえてくれている多くの命への感謝。

豊かな水と、豊かな土、土の中には鉱物や石油。大地には様々な生き物と植物。
空と大地を繋ぐ山々。太陽と月。満天の星。

その中に生かされている自分という存在。

ティピーづくりを通して、あらためて学んだ、ひととの繋がりの大切さ。
全部ひとりでやろうしなくても、自分でできないことは、SOSを出せば、必ずだれかが助けてくれるということ。
みんなでひとつのものをつくる喜び。わくわくする気持ち。達成感。

たくさんのものをもらいました♪





e0082860_21192112.jpg


ティピーの内側にも星空を描いたら素敵だな〜なんて思いついちゃったものだから、
早くあがれるとおもった準備の最終日。。。
夜中2時頃までかかって、今回のワークショップを立役者の菜穂ちゃんと泣きそうになりながら、
そら満点の星をひとつひとつ描きました。
ふたりで「きれいだね〜。」と励ましあいながら、最後まで妥協せず!!!ん〜感無量!

力尽きそうなとき、差し入れしてくれた牛丼がおいしかった!


e0082860_21184730.jpg



設営には、男子チームが大活躍。
少し前に知り合った宮大工さん兄弟や同級生たちも忙しいお仕事の合間をぬって、
気持ちよく手伝ってくれました。


e0082860_21191534.jpg


そしてなんといっても、ジュピタリアンヒルの山ノ内さんには、竹の調達から設営まで取り仕切って
いただき、ご尽力いただきました。山ノ内さんがいなかったら確実に完成していなかったです。
ほんとに心強かったです。
→9月18日19日には、そのジュピタリアンヒルのLive in Campイベント「にじのかぜまつり」にこのティピーと一緒に参加する予定です。

e0082860_21193225.jpg


e0082860_21193074.jpg



今回のこのティピー制作、ほんとにたくさんの方の協力で完成しました。
ひとりでは、まずできなかった作品です。

それぞれの達人たちが、自分の持ち場で手際よく進んで動いてくれました。
すばらしかった。チームワーク抜群でした☆

お手伝いいただいたみなさん、ほんとにほんとにありがとうございました☆
米子児童文化センターのみなさまにも、すばらしい機会と場所を与えてきただき
ありがとうございました。


☆ワークショップの模様は、当日に撮影してもらった写真がまとまり次第、報告させてもらいます。
子供たちのキラキラパワーはすごかったです。そして、すばらしいミニティピーがきましたよ!
お楽しみに^^
[PR]
by sib22 | 2011-08-22 22:04 | Works(作品)
<< ことばにできない好き My w... ティピー制作日記:3日目 Ma... >>