<< 雪ブランケット Snow bl... 地上の星 Stars on t... >>
『森は生きている』 12 Months vol.01
鳥の劇場さんが主催する子供たちのための週末の学校小鳥の学校
「創るこども、考えるこどもを育てる」 約3ヶ月間のプログラム。

「美術」・「詩」・「音楽」・「社会」・「からだ」・「演劇」の分野のうち、
今回、私は、『創る部』の「演劇」の舞台美術をお手伝いすることになりました。

題目は、S.マルシャークの『森は生きている』

e0082860_21314526.jpg


March 27th Sun 2011
Bird Theatre Company
鳥の劇場





先週は、台本をもとに物語のイメージ画を何枚か描きました。
物語自体とてもおもしろいので、情景を思い浮かべながら世界に入って行ける
この作業は楽しかったです。

今週は、それを受けて、実際にどう舞台セットをつくっていくのか、構築中。。。
これは、はっきりいって難しい。。。なんといっても右も左もわからない素人なもので。。。

でも、まぁ、なんとかなると言い聞かせつつ、自分を励ましながら作業を進めて
いるところです^^;


先週の小鳥の学校で、主宰の中島さんが子供たちにおっしゃっていたこと、

「最近、学校でやる演劇は、子供たちが順番に主役をやったりするけど、
僕はそれがすきじゃない。お芝居はチームワークでつくるもの。
主役だけが大事なわけではない。
表舞台にでるひと、出ないひと、それぞれにそれぞれの大事な役割があって、
ひとつの作品ができるんだ。」

いかに自分が「縁の下の力持ち」に徹することができ、それを自分の喜びとできるのか、
そんな学びも含まれていて、演劇は奥がふかいなぁと改めて思ったのでした。

演劇のすばらしさ、再発見!
[PR]
by sib22 | 2011-02-03 22:03 | Works(作品)
<< 雪ブランケット Snow bl... 地上の星 Stars on t... >>