<< 秋の雲 Clouds in A... ランプの精  A fairy ... >>
おとめな日 Artshow for girls

10月2日(土)に松江の宍道湖沿いにあるイングリッシュガーデンであった
イベント『おとめ在月』で一日限りの作品展示をしました。

こんなにたくさん女子がいたんだ〜というくらい、若い女子尽くめ。
久しぶりに気持ちのいい空間での展示で、作品たちも嬉しそうでした。


e0082860_1333610.jpg





緑に囲まれた明るい回廊。

e0082860_13331055.jpg



自然のもとの一緒な空間で展示するのもおもしろいなぁと思いました。
植物たちに負けないエネルギーが作品に必要だとも。

e0082860_1340134.jpg



今回、全体の展示のレイアウトを考えさせてもらいました。
そんな中、わたしがお誘いしたのが、江リコさん。

彼女の参加で、会場がぐっと引き締まって、レベルアップ。さすがです!
3人のお子さんがいるママアーティストさんでもありますぞ。

e0082860_1333953.jpg



お隣は、今回はじめてお会いした梅木大成さん。
とても繊細で優しく想像力豊かな絵を描かれます。鉛筆一本の表現力、、、すばらしい。
『One Ocean Tree』の組み立て&解体もこころよく手伝ってくださいました。

e0082860_1333042.jpg



これまた、今回初めてお会いした陶芸家の周藤香織さん。
今までいたこともない作品群に新鮮な驚きをもらいました。
『古代の宝石』。遥かなる時の流れ、土、骨、美がつまった作品。

e0082860_1333788.jpg



鳥取県からは、法勝寺窯松花窯5代目安藤愉理さん。
若さと女性らしさに溢れた作品。好きです。

e0082860_13331045.jpg



そして、高校の同級生でもあるイラストレーターかなまつかなこちゃん。
今回は、彼女を通してお話をいただきました。

e0082860_1333213.jpg



この子たちも初浸水体験。かっかわいいっ! (あとで管理の方に陸揚げされたましたが。。。)

e0082860_13331085.jpg



今回の展示では、逆にたくさんのエネルギーをもらいました。
観てくれるひとたちのストレートなリアクション。喜ぶ姿。
こうやって直接コミュニュケーションすることが、自分にとってとても大切なことだと。

e0082860_1333938.jpg



そして、展示は、期間の長さではなく質だということも。
自分が展示したいと思える空間で展示できることは幸せなことだということも。

島根県の素敵な作家さんにも知り合えて、実り多き一日でした。
(あっ、IKKOさんもみれいしね。おまけで。)

この出会いを紡いでくれたみなさんに感謝ですぞ。
ありがとう。


e0082860_1333741.jpg

[PR]
by sib22 | 2010-10-06 13:48 | Works(作品)
<< 秋の雲 Clouds in A... ランプの精  A fairy ... >>