<< Always there 光... Messages ひとことメッセージ >>
Pieces of a puzzle パズルのピース

すべての出会いが繋ぎ合わさって、
完成へと導かれていきました。

e0082860_1459870.jpg


Photo@K2 Production Kyoka, Yonago, Tottori





中学校時代にソフトボールの大会で知り合ったmasamiちゃんとは、
高校に入るまで文通友達でした。

あれから、20年近くたち、
以前にこのブログでも紹介した幼なじみパッセジャータのnojiくんのところで、
たまたま私の個展のDMを手にした彼女。
懐かしい名前にビックリして、連絡をくれ、
久しぶりに会ったのでした。

とてもパワフルで頼もしい女性に変身していた彼女に、
マノス・リブレス ギャラリア大正蔵の同級生なっちゃんとパートナーのパウリーナのことを
話をしたところ、「ぜひ会ってみたい」と紹介することに。

そうしたところ、
話はとんとん拍子に進み、
彼女のオフィスを大正蔵チームでデザインすることになったのです。

メキシコへの帰国が1週間後に迫っていた彼女たち。
短い時間しかない彼女たちの助っ人として、
材料探しから、内装の作業まで、猛烈な勢いで動くことになったのでした。

オフィスのイメージは、
「和テイストで妖艶なかんじで」あとは自由。


大正蔵チームが起こしたデザイン案をもとに、
手に入れたいもの、、、

部屋のしきりに使う竹。
窓を隠す和風な戸。

近くのリサイクルショップやアンティークショップを回っても、
なかなかいい素材は見つからず、
竹屋はあれど、予算的に厳しいなというかんじ。

知恵を借りようと電話した先は、私が所属している作家集団、
山陰sacca(旧山陰クリエーターズフォーラム)のスタッフで顔が広いkayoちゃん

な、なんと、彼女の友達で、
処分に困っている竹を大量に持っているひとをしっているとのこと!!!

早速、連絡を取ってくれ、竹の置いてある倉庫に、
持ち主の方自ら案内してくれたのでした。

あ〜、すばらしい!

そこで出会ったのが、
なんとも立派な大量の竹と古い家から引き上げてきたという、
障子やガラス戸たち。

昭和な磨りガラスは、まさにほっしていたもの。。。
いわずともそこにあり、すべて無料で提供してくれるとのこと。。。。

e0082860_1540339.jpg


なんてすばらしい!!!

ついでに、古い和ダンスや小物入れなども調達!!!

e0082860_15375068.jpg


masamiちゃんの友達からは、石の提供も。

e0082860_15423964.jpg


まさに、奇跡な出会いの連続でした。
この数々のパズルのピースがひとつずつはまっていくような
幸運の出会いたちを、大正蔵チームのなっちゃんとパウリーナが、
ひとつの大きな作品として作り上げていったのです。

一緒に手伝いながら、その過程をみることができて、
自分にとっても、とても有意義でワクワクする経験となりました。


つづく。。。
[PR]
by sib22 | 2010-02-02 15:52 | Tottori(鳥取)
<< Always there 光... Messages ひとことメッセージ >>